隠されたおしぼりの効果!秘密のその内容とは?

おしぼりが料理の味を左右する

おしぼりとは、汚れている手を拭き取るだけの内容だと思われていますが、暑い日には冷たいおしぼりが一般的であり、寒い日は温かいおしぼりを利用する事がほとんどです。体温のバランスを整える効果が、本来の味の温度を楽しむ事が可能になりますよ。このバランスとは、血流の流れを良くする働きも期待する事が可能であるため、リラックス効果によって料理の味に対する快感がより強まる可能性もありますよね。食事する前の準備段階は、より胃液を強め、食欲を高める効果も期待できます。

おしぼりで顔を拭く効果とは

おしぼりで顔を拭く行為は、みっともないと判断される事がありますよね。女性の方は化粧が落ちるため行わない方が望ましいですが、顔を拭く効果と言うのがありますよ。顔には、多くの神経で構成されている物であり、顔に刺激を与えると神経が過敏に働く生理反応を引き起こす事があります。朝、顔を水で洗うと、目覚めが良くなるのは、神経が興奮を引き起こすためであり、新鮮な感じがしますよね。おしぼりでも、同じ効果を期待する事が可能であり、神経が興奮する事によって舌の神経にも影響を与え、料理の味をより新鮮な物に変える事も可能になりますよ。

おしぼりは温かい方が良い

おしぼりの温度と言うのは、基本的に温かい方が望ましいと言われていますよ。冷たすぎる水を飲んだ場合、お腹を壊す事がありますが、熱すぎる水を飲んでもお腹を壊す事はあまりありませんよね。体温が熱くなりすぎれば、汗を出したり、血管を太らせ面積を広げて熱を多く逃す生理反応を引き起こし内蔵を活動状態にしてくれる事があります。頭寒足熱と言う言葉があるように、頭は冷やし、体は温める方が望ましく、血流の循環を良くする事が可能になりますよ。どうしても暑い日は、初めに冷たいおしぼりを使い、次に温かいおしぼりを使う方法もポイントの一つです。

タオルウォーマーはタオルを温められるだけでなく水回りに導入すれば暖房の効果も得られるので冬の季節に活躍します。